『文具店』 × 『夜間営業』

punpuku

 

 ■Today's IDEA
夜の19時から“ユルく”開いている、懐かしの文具や珍しい文具を揃えた文具店「ぷんぷく堂

 

2.5坪のその空間は、文具好きの方にとってたまらない空間かもしれません。懐かしい糸とじノートや海外製も含めて種類豊富な鉛筆たち。デッドストック文具に、ペンケースに入れやすいサイズにしたオリジナル商品「半分鉛筆」などなど。味のある文具が所狭しと並んでいたり、引き出しに収納されています。WEBサイトがこれまたいい感じで世界観がすごく伝わってきます。

この「ぷんぷく堂」さんですが、もし通常営業だったらどうだったでしょう。雰囲気のいいお店であることに間違いはないのですが、夜間営業ということがその雰囲気をより引き立たせ、そこにまた物語性が生まれている気がしてなりません。文具屋さんの「フツー」が「日中に開いている」ことならば、その「フツー」からちょっとずらしてみる。これは文具屋さんに限らずいろんなことに応用できるものなのだと思います。

 
画像:ⒸPUNPUKUDO

« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »