『石鹸』 × 『砂浜』

image

 

■今日のアイデア
世界文化遺産である静岡県・三保の松原の砂浜をヒントに、静岡県立大学の協力を得て株式会社ケアリングジャパンが開発した足裏専用石鹸「あしうら美人」。

 

開発のきっかけは、開発者の方が三保の松原の砂浜を散策したあと体調がよくなったことに気づいたこと。そして砂浜を素足で歩くと足裏のツボにほどよい刺激があり、マッサージと同様の効果が得られることが分かったのだそうです。そのためスクラブ成分を石けんに入れたのですが、その量がこれまでとは比較にならないほど。ちなみに代表的な成分の1つであるクルミの殻粒は1個の石けんに対し全質量の20%にも及ぶ60万個も入っているそうです。とまぁいろいろ特徴があるのですが、砂浜との組み合わせがとてもユニークです。たしかに砂浜を素足で歩くと気持ちいいもの。もしかしたら砂浜以外にも気持ちいいと感じる場所が、新たな製品のヒントになるのかもしれません。

 

■記事リンク
開発にまつわる記事はこちら↓
あしうら美人:開発秘話と製法(株式会社ケアリングジャパンWebサイト)

 

画像:Ⓒ化粧品製造のケアリングジャパン

 

 

« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »