『革片』 × 『パッチワーク』

spider

 

■今日のアイデア
革靴の製造時に出る革片を、パッチワークのように縫い合わせて新たに生まれ変わらせた、株式会社ヒロカワ製靴の「スパイダー」。

 

製造時に出てしまう「商材にならないもの」を有効活用するアイデアは、エコロジーという言葉がすっかり定着した今では数多く見られるようになってきました。そうした中でもこのアイデアが素晴らしいなと思うのは、1つの立派な商品として生まれ変わらせている点です。事業内容にもよると思いますが、1つの視点としてとても参考になるのではないでしょうか。

たとえば洋服の生地なんかも製造時に端切れがたくさん出ると思います。そういう端切れを集めて新たなTシャツをつくるなどアリなのかもしれません。また、最近テレビで優れた色彩感覚を持ったダウン症の方の特集をやっていたのですが、そういう方々とコラボして端切れを利用したグッズ開発を行うなどもいいのかもしれません。

いいアイデアに触れると、いろいろ想像が膨らみます。

 

■記事リンク

スパイダー開発の背景や会社のこだわり、そして震災時の素晴らしい取り組みについてはこちら↓
トップインタビュー 明日を拓く「型」と「知恵」
手間をかければ愛着も出る。靴もブランドも「SUMIDA」で磨く――株式会社ヒロカワ製靴 廣川雅一さん (上)

 

画像:ⒸSCOTCH GRAIN.
↓応援よろしくお願いします
にほんブログ村 その他趣味ブログ 発明・アイディアへ 

« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »