『CG』×『渋谷スクランブル交差点』

image

 

■今日のアイデア
株式会社NTTドコモが、愛知工科大工学部の小塚一宏教授の協力のもとに作成したCG動画、「全員歩きスマホin渋谷スクランブル交差点-もしもスクランブル交差点を横断する人が全員歩きスマホだったら?-」。

 

CG動画作成の目的は「歩きスマホの危険性を認識してもらうこと」。しかし、これが普通のどこにでもあるような道を舞台にしたCG動画だったら、はたしてどこまで注目されていたでしょうか。そう考えると「渋谷スクランブル交差点」という要素を組み合わせたことは大正解。動画の再生回数は公開から1週間ほどで150万回以上にも上っており、アイデア1つで大きな違いを生むことが実感できるいい見本だと思います。ところで注目度と実際に歩きスマホが減るかどうかはまた別の話。動画の最後に、実際に歩きスマホが原因でケガをした人数や損害賠償が発生したケース、金額など、1人ひとりの損得に関わる内容があるとより伝わりやすくなるのではないかと思いました。

 

■記事リンク

実際のCG動画はこちら↓



 

画像:ⒸNTT DOCOMO, INC.
↓応援よろしくお願いします
にほんブログ村 その他趣味ブログ 発明・アイディアへ 

« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »