『蚊取り線香』 × 『ヘビ』

uzumaki

 

■今日のアイデア
ヘビがとぐろを巻いている姿から着想した大日本除虫菊株式会社の「金鳥の渦巻」。

 

 蚊取り線香といえば渦巻き型が当たり前だと思っていたら、もともとは棒状だったのだそうです。それだと1時間ほどしかもたなかったようですが、渦巻き状にしたことで今では最大7時間も持つように。当時は伝染病を媒介する蚊はいま以上にやっかいな存在であり、その絶大な効果は日本人の生活向上に大きく貢献したといえるでしょう。その価値は、「未来技術遺産」として次世代に継承されます。また、グッドデザイン賞にも選ばれているんですね。
 
 ところでこのアイデアが生まれたきっかけは、創業者の奥さまが自宅の蔵の中で、とぐろを巻いたヘビを偶然発見したことから。いやはや、アイデアとは本当に何がきっかけで生まれるのかわからないものです。

 

■記事リンク

歴史を感じる金鳥のあゆみ↓
金鳥のあゆみ(大日本除虫菊ホームページ)

 

画像:ⒸJDP「GOOD DESIGN AWARD」
↓応援よろしくお願いします
にほんブログ村 その他趣味ブログ 発明・アイディアへ 

« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »