『漁網』 × 『ミサンガ』

img_top_main

 

■今日のアイデア
東日本大震災によって仕事を失った女性たちの手で、漁に使えずに放置されていた三陸の漁網を再利用して製作された「浜のミサンガ『環(たまき)』」。

 

 以前紹介させて頂いた『がれき』×『キーホルダー』もそうでしたが、震災からの復興を目指す上で雇用や収入源の確保が欠かせません。そして、こういうときには行政ではなく民間のアイデアが大切な存在となり得ることを、これらの事例が示していると思います。
 
 また一方で、義捐金を送りたくても送れずにいたたまれない思いをした方も多かったと思いますが、真剣にアイデアを送ったりアイデアを出し合うことも被災地を支えることにつながるのではないでしょうか。
 
 ところで、復興支援グッズはかなりたくさんのモノが作られているようです(参考:「震災復興を応援するカワイイもの」(NAVERまとめ))。あまりに多いので、復興支援グッズ同士が競合になってしまうという皮肉な現象が起きていそうで気になります。
 
 たとえば復興支援グッズを集約したサイトをつくって、1人が1つのグッズをたくさん買うのではなく、多くの種類を買った方がたくさんポイントがつくなどのしくみをもたせるなど、全体の利益を上げていく策が必要なのかもしれません。ただし自由競争のほうがすぐれたアイデアが生まれやすいので難しいところではありますが。

 

■記事リンク

「三陸に仕事を! プロジェクト」によるPR動画↓



誕生のきっかけについてはこちら↓
「三陸に仕事を! プロジェクト」ホームページ

 

画像:Ⓒsanriku-shigoto-project.com

 

↓応援よろしくお願いします
にほんブログ村 その他趣味ブログ 発明・アイディアへ 

« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »