『自動車』 × 『カプセル』

debut_image

 

■今日のアイデア
ベンチャー企業のFOMMが、大同工業、日本特殊陶業と共同開発した超小型電気自動車のコンセプトモデルカー、「FOMM コンセプト One」。

 

 この「FOMM コンセプト One」の最大の特徴は、水に浮いて移動ができること。水陸両用車ではなく、災害時など緊急事態の際に一定時間水に浮いて移動でき、しかも壊れずにその後もまた普通に走ることができるというものです。
 
 「FOMM コンセプト One」が販売を目指すのは、洪水が多い地域であり、これからの経済成長が期待される東南アジア。どのカーメーカーもとにかく価格を抑えた車の開発に向きがちですが、低価格+αの価値として非常におもしろいアイデアだと思います。

 

■アイデアメモ
水に浮くというのは今までの自動車にはない概念。こうした今までにない概念との組み合わせも新しいアイデアの素となります。

 

■記事リンク

テーマは、「水の星の宇宙船」(↓のリンク先最下部)
株式会社FOMM WEBサイト

開発のきっかけをはじめとする鶴巻代表へのインタビュー記事はこちら↓
【インタビュー】FOMM鶴巻代表「水害と渋滞緩和に新たな方向性アピール」…超小型EV、タイで発売へ(Response)

 

画像:ⒸFOMM Corporation
 
↓応援よろしくお願いします
にほんブログ村 その他趣味ブログ 発明・アイディアへ 

« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »