『チョークアート』 × 『路上』

top

 

■今日のアイデア
チョークアーティスト/ストリートペインターとして、まだ馴染みの薄い日本で奮闘する松本かなこさんの「ストリートチョークアート」。

 

 チョークアートといえば、イタリアンレストランなどの店先でよく見かける小さな黒板に描かれた絵を指すことが多いのですが、松本かなこさんが描くのは路上。そのため描かれた作品は、どんなに素晴らしくてもすぐに水などで消されてしまいます。ではなぜ描くのか。
 
 松本さん曰く、作品を展示することが目的ではなく、足を止めて作品を生み出す過程を見つめる人々も含めた空間そのものを楽しんでいるのだそう。そうした考え方と儚さをあわせ持つストリートチョークアートからは、「やがて死ぬのになぜ生きるのか」という人間の根源的な問いに対する答えも感じた気がしました。

 

■アイデアメモ

チョークアートは日本にもあるが、路上チョークアートはまだまだ珍しい。新しい「場」と組み合わせることで、新しいアイデアにつながる。

 

■記事リンク

松本かなこさんのインタビュー記事はこちら(記事内3人目)↓
あなたのあした記念日(TAN-SU)

動画はこちら



 

画像:Ⓒcanaco.M
 

   
 

« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »