『防犯』 × 『花』

e451579bcm

 

■今日のアイデア
地域住民が路地裏や公園の花の世話をすることで空き巣を未然に防ぐ、東京都杉並区の「フラワー作戦」。

 

 このアイデアが生まれたきっかけは、空き巣被害に遭った100世帯を杉並区が調査したところ、庭や玄関先に花を飾っている家の被害がたった2軒しかなかったというデータを発見したことから。その結果を受けて活動を本格化させたところ、空き巣被害は7割も減少したのだそうです。
 
 はっきりとした理由はわかりませんが、癒しややすらぎを与える花の効果とする意見や、地域住民が花の手入れを通じて外に出る機会が増えて外に目が行くようになったからという意見など様々あります。いずれにしても、防犯センサーや防犯カメラ、防犯ガラスの設置など直接的な対策ももちろん大切ですが、こうした間接的な取り組みこそが根本的な解決を図るためには欠かせないのかもしれません。

 

■アイデアメモ
たしか、目のイラストのポスターを貼ったらゴミの不法投棄が減ったという事例もあったような。いかに視線を感じさせるかが犯罪の抑止力になるのだとすれば、他にも様々なアイデアが浮かびそう。

 

■記事リンク

「フラワー作戦」にまつわる記事はこちら↓
阻止率98%!「花」を飾って空き巣を防ぐ(ナイス!シニア)

路地裏の花がなぜ防犯効果があるのか?空き巣被害4分の一に。(防犯泥棒大百科)

海外からも視察に訪れたそうです↓
「花で防犯」空き巣の減少につなげる杉並区(ぼうはん日本)

 

↓応援よろしくお願いします
にほんブログ村 その他趣味ブログ 発明・アイディアへ 

« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »