『機密書類』 × 『ポッキー製造機』

img_main_f40sf

 

■今日のアイデア
グリコのポッキー製造機をヒントに、明光商会が1960年に生み出した日本初のシュレッダー「MSシュレッダー」。

 

 機密情報や重要書類の処理にニーズがあるとみた創業者が、小学校の頃に訪れたポッキー工場で見た機械を思い出し、それをヒントにシュレッダーを開発。シュレッダーはもはやオフィスに欠かせないものとなっていますが、由来については知らなかった方も多いのではないでしょうか。
 
 ちなみにシュレッダーそのものは当時海外ではすでにドイツで製造されていたのだそうですが、パスタをつくる機械が基になっているそう。場所は違えど、発想は似ていることがとても興味深いです。

 

■アイデアメモ
機械の用途を本来と違う目的に応用できないか。そう考えた先に意外なアイデアが埋もれているのかもしれません。

 

■記事リンク

開発のきっかけをはじめとする創業者へのインタビュー記事はこちら↓
トップインタビュー 株式会社明光商会名誉会長 高木禮二氏 「シュレッダーはハングリー精神の産物」(株式会社インタープライズ・コンサルティングWEBサイト)

 

画像:ⒸMeikoshokai Co,.Ltd.
 
    

« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »