『新聞紙』 × 『ファッション』

610

 

■今日のアイデア
フランスの新聞をはじめ、ヴィンテージの雑誌、コミックなどをファッションアイテムとして生まれ変わらせる「A-griffe東京(アグリトーキョー)」。

 

 たまに英字の新聞がプリントしてあるアイテムを見かけたりしますが、A-griffeが手がけるアイテムはすべて本物の紙を厳選して手作業で特殊コーティングをしたもの。
 
 なぜ紙にこだわっているのかというと、紙は革のように経年変化することで風合いが増してゆくのだそうです。しかも、本物の紙を使っているため、アイテムはすべて世界に1つしかない、自分だけのオリジナル。欧米のヴィンテージものの、特に新聞広告や雑誌は本当にグラフィック的に優れたものが多く、趣味で集めている人もいるほどです。リサイクルにもなってとても素敵なアイデアだと思います。

 

■アイデアメモ
欧米の古新聞とファッションはまったく別のものだけれど、センスがいいというイメージでつながる。このように一見別々のものに新たな関係性を見つけることがアイデアにつながる。

 

画像:Ⓒibi international co., ltd.
 

« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »