『アイドル』 × 『メタル』

top

 

■今日のアイデア
2010年に「アイドルとメタルの融合」をテーマに結成され、特に海外から高い支持を受ける「BABY METAL」。

 

 あのレディー・ガガからラブコールを受け、アメリカ公演の前座を務めることになったBABY METAL。そのニュースをきっかけに国内でも知名度が一気に上がったようです。海外ではインディーズデビュー曲「ド・キ・ド・キ☆モーニング」の時からすでにYouTubeを通じて多くの反響があり、2014年にはワールドツアーを開催するまでに。YouTubeのコメント欄もほとんどが海外の方からで、その人気ぶりは想像以上なのかもしれません。
 
 実際、1stアルバムの『BABYMETAL』は、7ヵ国のiTunes Storeでロックアルバムチャートベスト10を達成。また、アメリカ・ビルボードの総合アルバムチャートでもランクイン(日本人最年少)したそう。国内でも女性としては最年少で武道館の単独公演を実現(平均年齢14.7歳。それまでの記録は1980年代のアイドル歌手、岩井小百合さんの15歳1ヵ月)しています。
 
 BABY METALは「アイドル界のダークヒロイン」とも言われていますが、これまで(インターネットや動画サイトがまだなかった世界)なら一部コアなファンがいる異色系アイドルで済まされてしまっていたのかもしれません。それが海外からものすごく高く評価(レディー・ガガだけでなく、あのメタリカやチープ・トリックとのフォトセッションも実現)されたことで国内でも注目される現象が、今いろいろな分野で起こっているような気がします。
 
 何が普通で何が異色か、これまでの価値観ではもはや捉えられないのかもしれません。

 

■アイデアメモ
アイドルのようにイメージが固定化されているものほど、新しい要素と組み合わせることでこれまでにない価値観をもたらしやすいのかもしれない。

 

■記事リンク

代表曲の1つ「イジメ、ダメ、ゼッタイ」↓



 

画像:ⒸBABYMETAL
 

   
 

« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »