『海苔』 × 『ドーナツ』

noridonuts

 

■今日のアイデア
かつて海苔づくりの産地だった東京・大森の和菓子店大森屋が考案した海苔入りのスイーツ「海苔ドーナツ」。

 

 平成25年度の「おおたの逸品」にも選ばれたという「海苔ドーナツ」。地元で人気となり、それが口コミで広がって1週間に500個ほど売れることもある人気商品になっているそうです。和である海苔と洋のドーナツという意外な組み合わせだけでなく、磯の香りが口に広がる美味しさがその人気の秘訣です。
 
 アイデアの視点で面白いのは開発のきっかけ。知り合いの海苔問屋さんから、製品づくりの際に、香りも味も良いのに廃棄せざるを得ない海苔の切れ端が大量に出ることを聞き、それを利用できないかとアイデアを練りはじめたのだそうです。はじめはプリンやロールケーキをつくったもののことごとく失敗し、試行錯誤の末にたどり着いたのがドーナツ。ただ新たな商品を開発しただけでなく、見事に海苔の有効活用も果たしたというわけです。
 
 海苔と言えば、風味が命。焼くとより一層風味が増します。ドーナツも焼き菓子であり、もしかしたらドーナツ以外にも「焼く」系のものとの相性が良いのかもしれません。

 

■アイデアメモ
まだ使えるのに廃棄されるものは、別のものと組み合わせることでまったく違う用途が見つかるかもしれず、意外とアイデアの宝庫だったりする。

 

■記事リンク

詳細記事はこちら↓
「海苔スイーツ」がブーム?(J-WAVE NEWS)

紹介動画はこちら↓



 

画像:ⒸSweets Tales,大森屋
 

« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »