『歌詞』 × 『ミュージックビデオ』

image

 

■今日のアイデア
歌詞を中心にしたミュージックビデオの新しい表現手法、「リリックビデオ」。

 

 よく、「昔の曲は歌詞がよかった」と言われたりもしますが、個人的にはそんなこともないのではないかと感じたりもします。「売れる」曲=「いい」曲でなくなっているのと同じように、いい歌詞の曲が必ずしも売れるわけではありません。また、凝った映像やパフォーマンスなどアーティストを好きになるポイントも様々です。
 
 このアイデアが面白いのは、こうして音楽が多様化する中でどちらかというとアナログな歌詞にスポットを当てている点です。それでいて新しい。しかも、著作権的にいいのかどうかは別にして、リリックビデオであれば個人レベルでもつくれそうな印象があります。
 
 たとえば、名の知れぬいい歌詞の曲のリリックビデオをYouTubeにアップしたことがきっかけで曲に注目が集まったり、なんていうことも起きるかもしれません。もしかしたらリリックビデオは、ミュージックビデオの新しい表現手段であるとともに、いい曲の大前提として歌詞の善し悪しがいま以上に求められるきっかけになるのかもしれません。
 

■記事リンク

 YouTube×スマホ時代の新表現“リリックビデオ”に注目!(Yahoo!ニュース)

↓高橋優「CANDY」



 

画像:ⒸAMUSE Inc.
 

   
 

« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »