『プロジェクションマッピング』 × 『砂場』

image

 

■今日のアイデア

プロジェクションマッピングの技術を応用した、セガが提案する新しい砂遊び「え~でる すなば」。

 

 砂場と言えば、小さい頃に山をつくってトンネルを掘って遊んだ方も多いのではないでしょうか。この「え~でる すなば」は、たとえば山をつくると山の絵が投影されたり、穴を掘ると海の絵や魚が泳いでいる様子が投影されたりするまったく新しい感覚の砂遊び機器。高低差をリアルタイムに解析して映像を投影する技術によって実現しました。
 
 「え~でる すなば」はいわば「昔からある遊び」×「最新技術」の組み合わせによるもの。こうした組み合わせによってまだまだ面白いアイデアがきっとたくさん登場することと思います。
 

■記事リンク

関連記事はこちら↓
砂に映像を投影 セガが子供向け遊具(日本経済新聞)

紹介動画↓



 

画像:ⒸSEGA
 

« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »