『介助ベルト』 × 『タオル』

belt

 

■今日のアイデア

素材にタオルを用いたことで介護者の入浴時の安心を確保し、つけ心地もいい介助ベルト、「入浴用介助ベルト」。

 

 介護グッズといえば、通常は介護者の声を参考にするものの介護を必要としない方が開発するケースがほとんどです。その点、この「入浴用介助ベルト」は開発者自身が70代の要介護者の方。だからこそ、ストレスのないフィット感を実現するためにタオルを素材として採用することができたのだと思います。
 
 その他にも細かい点まで考えられており、要介護者の視点だからこそ生まれるアイデアには大きな可能性が眠っていそうです。
 

■記事リンク

関連記事はこちら↓
70代の要介護者が発明!利用者の発想から生まれた入浴介助ベルトに注目(みんなの介護ニュース)

動画はこちら↓






 

画像:Ⓒidea house Inc.
 

« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »