『白杖』 × 『超音波』

image

 

■今日のアイデア

障害物を超音波センサーで認識できる視覚障害者向けの「スマート電子白杖」。

 

 秋田県立大学と秋田精工株式会社が共同開発し、エーピーアイ株式会社が販売するこの「スマート電子白杖」。内蔵の超音波センサによって、正面と上部の2メートル以内の障害物を感知します(センサ1個搭載タイプは上部の障害物のみ感知)。
 
 視覚障害者の方にとってはとても頼りになる存在ですが、既存の似たような白杖は海外製で1本10〜25万円ととても高価でした。それに対してこの「スマート電子白杖」は研究と改良を重ねた結果、使い勝手をよくした上で低コスト(3万円〜)かつ軽量を実現。今後益々の普及が期待されています。
 

■記事リンク

関連記事はこちら↓
低コストで軽量な視覚障害者用の「スマート電子白杖」の製品化に成功(科学技術振興機構)

動画内で商品を紹介↓



 

画像:ⒸAkita Precisions Industry Co., Ltd.
 

« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »